Most viewed

松本健一 ソフトウェア

伊原 彰紀, 松本 健一. IPSJ/SIGSE Software Engineering Symposium (SES) 開催日程:年9月7日(月)~9日(水) ワークショップ日:年9月9日(水). 左藤 裕紀, 亀井 靖高, 上野 秀剛, 川口 真司, 門田 暁人, 松本 健一, ソースコードの圧縮性とコードクローンの関係の分析,&39;&39; 日本ソフトウェア科学会 第24回大会, September.

ソフトウェア工学研究室 ソフトウェアは成長する、あなたとともに 教員. 年ソフトウェア 工学分野の先導的研究支援事業 ソフトウェア品質の第三者評価のための基盤技術 -ソフトウェアプロジェクトトモグラフィの開発- 奈良先端科学技術大学院大学 研究責任者 松本健一 研究者 飯田元,門田暁人,大平雅雄. Principal Investigator:松本 健一, Project Period (FY):–, Research Category:Grant-in-Aid for Scientific 松本健一 ソフトウェア Research (S).

ソフトウェアテスト、コードカバレッジ、ソフトウェアメ トリクス 3 5/18 2 石尾 隆 ソフトウェアの品質保証 ソースコードの品質、コードクローン検出手法 4 5/25 2 松本 健一 ソフトウェアの規模と工数 ソフトウェア開発における見積もり技術 5 6/1 2. コンピュータのソフトウェアは、高度情報社会を支えるインフラとして、産業の生産効率を高め、 生活の便利さや安全・安心を推進する役割を担っている。. 松本健一 ソフトウェア 「第45回「変わるソフトウェア作り」 情報科学研究科 松本健一教授〔年2月21日〕」を紹介しているページ|読売新聞寄稿連載「ドキ★ワク先端科学」から~ 第45回:情報科学研究科 ソフトウ. 第7章 ソフトウェアプロセスに関連する品質保証規格 7. 松本健一 ソフトウェア 独立行政法人情報処理推進機構 年度ソフトウェア工学分野の先導的研究支援事業「ソフトウェア品質の第三者評価のための基盤技術-ソフトウェアプロジェクトトモグラフィ技術の高度化-」,研究分担者(代表者: 松本健一),.. 2 プロセスパターンとは 8. 奈良先端科学技術大学院大学 松本 健一。1989年5月大阪大学・基礎工学部・情報工学科・助手、1993年4月に奈良先端科学技術大学院大学・情報科学研究科・助教授、年4月から同大学教授。. 角田 雅照1 松本 健一2.

(ソフトウェア開発データリポジトリ)である。 同調査は、ソフトウェア開発における生産性、 財団法人 経済調査会 調査研究部 第三調査研究室 大岩 佐和子 押野 智樹 奈良先端科学技術大学院大学 松本健一 ソフトウェア 情報科学研究科 戸田 航史 松本 健一. 日本ソフトウェア科学会, 近代科学社. 株式会社ギブリーのプレスリリース(年12月27日 15時02分)trackと奈良先端科学技術大学院大学の共同研究論文『新人研修がソースコード品質に. ソフトウェア構築可 視化に伴う法的諸 問題に関する研究. 研究者「松本 健一」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。. 准教授: 石尾 隆. ソフトウェア工学の基礎 XVI FOSE, pp.

5 slcp(iso/iec 12207) 第8章 プロセスパターン 8. 齊藤, 康廣; 門田,暁人; 松本, 健一 (情報処理推進機構,協調フィルタリングを用いたソフトウェア技術者向け開発技術推薦の試み . 教授: 松本 健一. 1 ソフトウェアプロセスを通じた品質管理 7. lois, ライフインテリジェンスとオフィス情報システム ( 一般社団法人電子情報通信学会年05月. 阪井誠, 松本健一, 鳥居宏次, ソフトウェアプロセスの動的な変更部分分析によるプロジェクト運営実践技術のモデル化とプロセス改善, Vol. 出典 Sources ソフトウェアプロセス / 井上克郎, 松本健一, 飯田元 著 研究者研究課題総覧 1996年版.

松本健一君は,ソフトウェア工学,特に,ソフトウェアとその開発プロセスの定量的評価に関する研究を一貫して続けてきており,ソフトウェア更新履歴を核とした定量的評価や開発作業を妨げない定量的プロジェクト管理など,今日,実証的ソフトウェア. ソフトウェアタグ ツール群 ソフトウェアタグ ツール群. ソフトウェア工学講 H 松本健一 ITフォーラムセッション:IPAフォーラム ITプロジェクトの「見える化」とトレーサビリティの確保,日本と世界 Software Japan ,年1月27日. 概要:数学的モデルに基づく工数見積もりでは,開発するソフトウェアの規模と,生産性により工数を見積もる.た だし,定性的または定量的に測定されていなければ,生産性に影響する要因を説明変数とすることはできない.そこ. ソフトウェアタグ 利用シナリオ ソフトウェアタグ 利用シナリオ. 坂口 英司, 伊原 彰紀, 尾上 紗野, 畑 松本健一 ソフトウェア 秀明, 松本 健一. そのため,多くのossプロジェクトでは,ユーザが求めるテクニカルサポートを支援するためにユーザ用メーリングリスト. ソフトウェア工学研究室 ソフトウェアは成長する、あなたとともに 教員.

3 プロセスパターンの例. 神崎 雄一郎, 井垣 宏, 中村 匡秀, 門田 暁人, 松本 健一, “ソフトウェア開発プロセスにおける情報漏えいのリスク評価,” コンピュータセキュリティシンポジウム(CSS)予稿集, pp. 講演 松本健一 ソフトウェア 松本 健一, 角田 雅照, 伏田 享平, "「事故前提社会」への対応力を高める,ユーザ・ベンダ間での情報共有技術 ~ソフトウェアタグ,タグ利用シナリオ,ツール~,", 年7月. ソフトウェア構築可視化に伴う法的諸問題 久保浩三(奈良先端大) 研究開発項目(2-1) ソフトウェアタグに基づく 可視化と評価技術 飯田元(奈良先端大) 研究開発項目(2-2) ソフトウェアタグの実装と適用 松本健一(奈良先端大). コンピュータサイエンス, インターネット・eビジネス, プログラミング, 入門書, OS, アプリケーション の優れたセレクションからの 本 のオンラインショッピングなどを毎日低価格でお届けしています。. ソフトウェアメトリクスとデータ分析の基礎 阿萬 裕久, 野中 誠, 水野 修 コンピュータソフトウェア 28(3), 12-28,. 奈良先端科学技術大学院大学 情報科学研究科 戸田 航史 松本 健一 38 ERI review Vol. 松本 健一(奈良先端科学技術大学院大学)、大岩 佐和子、押野 智樹(経済調査会) (8) ソフトウェア開発プロジェクトデータセットからの典型的なプロジェクトの抽出 川下 正宏 、門田 暁人(岡山大学)、畑 秀明(奈良先端科学技術大学院大学).

1 はじめに 8. ソフトウェアサイエンス, Vol. 41-48,1994 書籍. Principal Investigator:松本 健一, Project Period (FY):–, Research Category:Grant-in-Aid for Scientific Research (A), Section:一般, Research Field:Software KAKEN — 松本健一 ソフトウェア Research Projects | 自発的ソフトウェア進化の加速に向けた基礎技術の開発 (KAKENHI-PROJECT-17H00731). 775-780, October.

情報科学研究科 ソフトウェア工学研究室 松本健一教授、門田暁人准教授. 田村 晃一; 柿元 健; 松本健一 ソフトウェア 戸田 航史; 角田 雅照; 門田 暁人; 松本 健一; 大杉 直樹 コンピュータソフトウェア年08月 査読有り 生産性要因に基づいて層別されたソフトウェア開発工数見積もりモデル. 所属 (現在):奈良先端科学技術大学院大学,先端科学技術研究科,教授, 研究分野:計算機科学,情報システム学(含情報図書館学),ソフトウエア,ソフトウェア,大区分J, キーワード:ソフトウェアプロセス,Software Process,実験的ソフトウェア工学,ユーザインタフェース,アイカメラ,ソフトウェア開発. ソフトウェアタグ 規格 ソフトウェアタグ 規格. 森田 大夢, 平尾 俊貴, 石尾 隆, 新田 章太, 小西 俊司, 森 康真, 松本 健一 IPSJ/SIGSE ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 論文集 年8月30日. 61-66, July. ソフトウェアタグ モデル. 戸田航史, 門田暁人, 松本健一.

9 自主研究 ソフトウェア開発における適正工期に関する分析. 担当責任教員: 松本 健一: 担当教員: 松本健一、石尾隆、畑秀明、Raula Gaikovina Kula: 教育目的/授業目標: ソフトウェアやその開発/利用プロセスに対する計測、評価、フィードバックといった定量的アプローチを基礎として、ソフトウェアの生産性や品質を高める技術の習得を目指す。. ソフトウェア計画構成学講座 著書 なし 学術論文誌 楠本真二, 松本健一, 菊野亨, 鳥居宏次, ペトリネットによるプログラム開発演習のモデル化とそのモデルによるプログラマ作業効率の定量的評価, 電子情報通信学会論文誌, j76-d-i, 9, 484-492, 1993. ソフトウェア開発、利用技術と利用領域の両面にわたって多様化と急速な変化が進んでいる。このような変化の背後にある技術の本質を明らかにし、体系化することが求められている。今後、ソフトウェア開発の核となるであろうソフトウェア技術を新しい視点から捉え、基礎から応用に至る.